ふ芳が大切にしていること

手作りにこだわる本物の味

昭和41年9月に創業した「有限会社ふ芳」は、今年で50年目を迎えることができました。

創業当初から変わらない手作りの技術で、生麸や生ゆば、胡麻豆腐、麸饅頭などの商品を作り続けております。

昔と変わらない手作りの暖かい商品を是非一度ご賞味ください。

会社概要

販売業者 有限会社ふ芳
所在地 652-0047
兵庫県神戸市兵庫区下沢通り3-3-6
TEL/FAX 078-576-5377 / 078-577-3381
設立 昭和41年9月
営業時間 9:00-17:00
定休日 水・日・祝
代表者 桑島 尚昭
事業内容 生麸・生ゆば・胡麻豆腐
麸饅頭の製造・販売

お客様に喜んでいただける商品作りを目指しています

「生ふ」はもちっとした食感が特徴です。このもちっと感が命でもあります。しかし、常温でそのまま置いておくと、2~3時間で表面が乾いてきます。生ふに含まれている水分が蒸発していくからです。お湯につけると、表面の乾きが元に戻りますので、「温めると軟らかくなる」といわれています。

ふ芳では、もちっと感とほんのり甘い美味しさを出来立ての状態でお届けしています。

「生ゆば」は、材料として使用している国産の大豆は油分が少ないので、上質なあっさり感が味わえます。生ゆばを刺身とする場合は、その日に出来た生ゆばに限ります。豆乳の香りがします。

「ごま豆腐」は、全て手作りすると軟らかいのに弾力があります。風味のいいごまの香りと軟らかさと弾力を、お口の中で同時に味わえます。

材料については、生ふには上質のグルテン、キメの細かいもち粉を使用し、生ゆばには、北海道産大粒大豆を使用し、ごま豆腐には、奈良の吉野本葛を使用しています。こし餡は、北海道産の大納言を使用し、自家製です。

またゆず味噌は、徳島産のゆずに、京都の白味噌を使い自家製です。

上記の厳選した材料を使い、手作りで、生ふ、生ゆば、ごま豆腐を作っています。そうすることで、生ふのもちっと感を感じていただき、ごま豆腐の軟らかさと弾力とごまの香りを同時に味わっていただけます。

ふ芳は、昭和41年の創業以来、お店で食事をされるお客様に幸せを感じていただける商品を!と全員で心がけています。おかげさまで、お店の方に喜んでいただいています。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

お電話、FAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちらから